両親を旅の途中で相次いで亡くしたペリーヌが、1人ぽっちになっても挫けずに父の故郷・マロクールに着いても、祖父のビルフランには孫だと名乗らず、オーレリィの偽名で通してきた間は何とも彼女には幸せが見えないのか?とさえ思いました。

ですが初雪の日にフィリップ弁護士の発言により、オーレリィはペリーヌの実名として、ついにビルフランの孫だと証明されたときは本当に感激しました。

13歳のペリーヌにようやく本当の幸せが来て、一気に彼女はお金持ちのお嬢様になりました。でもペリーヌは自分の境遇が変わっても以前とは全然変わることなくビルフランと一緒におじいさんと孫として幸福の絶頂へと輝いて、この物語は終わっています。

さて、ビルフランの経営するパンダボワヌ工場をペリーヌは跡継ぎになったのでしょうか?やはり息子エドモンはすでに他界してますし、一粒種のペリーヌが跡継ぎになるのは当たり前かもしれませんが…!!

でもペリーヌがまだオーレリィと偽名を名乗っていた時は、工場長のタルエルや甥のテオドールが跡継ぎを狙っていましたが、ペリーヌがビルフランの実の孫だと分かると、一気に跡継ぎの狙いを諦めて身を引いていました。

それだけにペリーヌには莫大な運命を背負うことが待ち受けていたんですね。勿論彼女はパンダボワヌ工場の後継ぎとなり、経営は以前よりももっとうまくなっていきました。

肝心のペリーヌの結婚相手は誰?って疑問に思われる方も多くありませんか?彼女は誰と結婚したのでしょうか?詳細はハッキリしませんが、ペリーヌが実はオーレリィと偽名を使っていることを最初に知っていたファブリではないか?との情報があります。

ファブリは何かとペリーヌの相談相手になったり、励ましたりして彼女のとても心強い存在だということはアニメの中でよく分かりました。ですが物語終了後のペリーヌや周囲の人達のその後の運命は分かりません。

只分かっているのはペリーヌは確かにパンダボワヌ工場の後継ぎになれたことしか分かってません。ではパンダボワヌ工場の運命がどのようになっていったのか?をお話していきましょう。

1900年前半、パンダボワヌ工場の評価がパリで高評価を得て、一気に仕事量が倍増し、その影響でマロクールの人口は昔より倍に増えました。やはり工場の仕事を求めて田舎であるマロクールに人がどっと押し寄せた説も考えられます。

当然ペリーヌもこの時代には大人の女性になっていますから、もしファブリと結婚し、子供がいたとすれば、夫婦で工場の経営を切り盛りしていた、とも考えられます。

ですから祖父のビルフランが社長をやっていたころよりも、パンダボワヌ工場は規模がもっと大きくなり、ペリーヌは事業に大成功をおさめたとも言えます。

1914年に第一次世界大戦が発生し、パンダボワヌ工場は危険にさらされたのでは?と思います。ですが織物工業の業界では、織物は戦争の特需品とされ、パンダボワヌ工場は戦争のお蔭で大儲けできたとのことです。

いわばこの時代がペリーヌ社長の一番の絶頂期だったのです。ですが第一次世界大戦が終わるとパンダボワヌ工場の生産量は一気に減っていき、潰れることはなくても事業の縮小は大なり小なりあった模様です。

そして第二次世界大戦が発生。パンダボワヌ工場の作業の需要はどんどん減るばかりで、高齢になったペリーヌも社長の座を降りてしまいました。その後とうとうパンダボワヌ工場はペリーヌの時代で幕と閉じた、ということです。

やはり一度は幸せに輝いたペリーヌでしたが、戦争によってまた苦労を強いられいたことになります。