Page 4 of 10

ネロの絵の才能の凄さ!ルーベンスに勝るとも劣らない理由とは?

ネロは絵を描くのが大好きな少年です。アニメの中で最初の方では、まき板に描くことが多かったネロでしたが、仲良しのアロアが古い帳簿をネロにあげた時から、ネロは紙で描く素晴らしさを覚えます。「紙ってとっても描きやすいんだ。」

でも貧しいネロにとって、紙は高級品なのです。アントワープの文具店で、お金持ちの少年が大量に画用紙を買っていく姿をネロは見かけます。

「あ~、あんな綺麗な画用紙に描いてみたいなぁ。」とネロは心の底から思うのです。絵心のあるネロは夜空にも、道にもとっさに思いついたことを絵にすることのできる少年なのです。

そんな時、木こりのミシェルの臨時の手伝いの仕事が入り、ネロは10日間ミシェルの手伝いをすることにしました。勿論綺麗な画用紙に絵を描くための費用稼ぎです。

10日間といえども、10歳の小さなネロにしてみれば、まきの木を背中にしょって運ぶ仕事は相当辛かったと言えます。ですがネロはきっと画用紙に素晴らしい絵を描くんだ!との強い思いから、挫けることなくこの仕事を達成させ、ミシェルから10日間の賃金を貰い、そのままパトラッシュとアントワープの文具店に向かいます。

閉店間際の文具店に入り、待望の画用紙を買うことが出来たネロ。もう感激の気持ちで一杯になり、次の日から画用紙に絵を描いてみようとしますが…? でも何故かネロは緊張して絵が描けませんでした。

でも丘の木の下でアロアが「描きたくなるまで待てばいいのよ!」そしてアロアが提案します。「一番最初に描くのはパトラッシュで、次が私よ!」と。そうするとネロの緊張は一気にほぐれ、画用紙にパトラッシュの姿を初めて絵にしていきます。

ネロはこれをさかえに様々な絵を画用紙に描いていきます。鳥、風車小屋、アロアなどなど。特に多かったのは、風車小屋の風景画だったといえます。ネロは風車小屋の見える風景が大好きだったのです。アロアは一時的にイギリスに行ってしまいますが、その間でもネロのことは決して忘れることなく、色チョーク(パステル)をネロにプレゼントしています。ですからネロはそのチョークで風車小屋の風景画に色付けしていましたが、見事な出来栄えでした。

アロアがイギリスから帰国後に、アントワープで絵画コンクールが行われることを知ったネロは早速挑戦してみようと試みます。ですがコンクールでは画用紙で出品することが出来ず、パネルでなければいけないことを知り、がっかりします。パネルを買う大金などない…でもネロの夢を叶えてあげたい一心からジェハンじいさんが働いて、ネロにパネルをプレゼントします。

ですがジェハンはその後他界しました。悲しみに負けることなく、ネロはコンクールの出品作品はジェハンじいさんとパトラッシュの絵姿に決め、執筆しました。「おじいさんとパトラッシュの優しい気持ちを絵にしたんだよ。今まで描いた絵の中で一番よく描けたと思うんだ。」完成後、ネロはジェハンのお墓の前でそう話しかけるのでした。

クリスマスイブの日、コンクールの審査ではなかなか1等賞が決まりませんでした。ネロとステファン(アントワープの大金持ちの少年)と競り合ってしました。ヘンドリックレイという画家だけはネロの絵を推薦しましたが、他の審査員の意見には勝てずネロの絵は落選してしまいました。

ヘンドリックレイによれば、ネロの画力はアントワープ生まれでも有名なルーベンスの後継者になりうる才能があり、引き取って教育すればルーベンス以上の画家になれるのではないか?とのことでした。

ネロは生まれながらの絵の才能の持ち主だったんですね!あんな悲しい結末がなければ彼は画家に確実になれたでしょう。

ネロとアロアはとっても仲良し!どうしてあんなに仲がいいの?

フランダースの犬の第2の主人公といえば、ネロの仲良しのアロアですね。2人はいつも一緒に楽しく遊ぶ友達同士です。その上、パトラッシュが加わってから余計に2人はますます仲良しになっていきました。

それにしてもネロとアロアってどうしてあんなに仲がいいのでしょうか?アニメの中でジェハンじいさんがアロアに思い出話をする場面があります。

ジェハンじいさんはネロを引き取った時にブラッケン村に引っ越してきて、その時アロアが生まれて、村中でアロア誕生の御祝いをしたとのことです。風車の上に旗をかけ、まだ2歳のネロも多分ジェハンじいさんに連れられて、村の人々と一緒にアロアが生まれたお祝いに参加してたかもしれません。(これは私の推測です。)

するとアロアが「そう、じゃあ私が生まれたと同時にネロがこの村へ来たのね。」と言います。ジェハンじいさんはアロアに対してもネロの大事な友達として、常に優しく接していました。まるで本当の孫娘の様に。

ですからアロアもジェハンじいさんが大好きでした。アロアはお金持ちのお嬢様であっても決して気取ることなく、心優しい女の子に成長しています。これは母親エリーナ譲りなのではないでしょうか?エリーナもネロのことを本当の子供の様に優しく見守ってますし、親切にも自分で作ったお菓子などをネロにあげています。

勿論ネロも「エリーナおばさん」と親しんでいます。

ネロとアロアは小さなカップルとも言えます。お互いのことを常に思いやっては気遣っていますし、そして信じています。まさに相思相愛です!

遊び場所はいつもお決まりの木の下です。約束事をしたり、ネロが絵を描くこと、そしてパトラッシュと走り回るのも同じ木の下です。この木の下から見る景色は何とも素晴らしい眺めで、ネロはいつも風車小屋の絵をここで描いていました。それを横から見るアロアとパトラッシュは興味深く思っていました。

そういえばアロアの誕生日にネロがアロアの絵を描いたのもお決まりの木の下でした。ですがこの後アロアの父・コゼツにネロは仕事もしないで怠けて絵を描いていたと誤解し、ネロからその絵を奪ってしまうという、何とも辛いことがありました。

その後アロアはネロと引き離されて遠いイギリスに行かされてしまいます。これは何とも痛ましく、仲良し同士がどうして会ってはいけないのか、ネロにはよくわかりませんでした。結局はコゼツの大人の都合のみでしでかした酷い仕打ちとも言えます。

結局アロアは病気でまた帰ってきますが、その原因がコゼツ自身にあるということは全然誰にも分かってはいませんでした。

ネロとパトラッシュと再会することによって、病気からみるみる快復するアロアはまた仲良く遊ぶようになれますが、いかんせんコゼツはネロを嫌っていたんですね。

その理由は「貧しい家の生まれだから。」余りにも単純すぎてお話にもなりません。同じ人間同士、同じ村に住んでいて仲良し禁止だなんて、コゼツもいささかわからずやな所があります。でも心優しいネロはコゼツを決して憎んだり恨んだりはしませんでした。

もし風車小屋の火事の放火犯にされることなく、コンクールの絵も1等賞になっていたら今頃ネロはコゼツから見直されて、大人になってからアロアと結婚できたかもしれません。

でもネロとパトラッシュの運命はラストになればなるほど、悲しみに向かっていきました。クリスマスイブの夜、アントワープの教会で一番見たかったルーベンスの絵を見た感激でパトラッシュと共に天国に旅だっていきました。

ネロの死後、アロアは数十年後、独身を通して修道女になりました。ネロを失った深い傷を抱えたまま…!!

牛乳運びの仕事をする前のジェハンじいさん!昔は何してた人?

ネロのたった1人の肉親、ジェハンじいさん。ネロの母方の祖父に当たります。性格は温厚そのもので、律儀で人情溢れるその人柄は顔の表情にも出ています。それに孫のネロの絵の才能を認め、いつか画家になりたいというネロの夢を叶えてやりたいと本当にネロにとってよき理解者でもあります。

ネロが幼いときにジェハンじいさんは娘を亡くし、その後すぐに娘婿も亡くなり、両親を相次いで亡くしてしまった可愛そうなネロをジェハンじいさんは引き取って両親の代理となりました。

ネロの面倒を見る傍ら、ジェハンじいさんは村の人の親切な計らいで、牛乳運びの仕事を始めて生計を立てるようになりました。ですが収入はわずかなもので、やっとパンとスープが飲める程度の貧しい暮らしでした。でも例え貧しくても、両親を亡くしたネロのために、ジェハンじいさんは一生懸命、孫育て、仕事をこなしていきます。

でもジェハンじいさんって昔から牛乳運びの仕事をしていたわけでもありません。では若い頃ジェハンじいさんってどんな職業だったのか、気になりませんか?

アニメの中で足を怪我した森の木こりのミシェルが、風車職人のノエルじいさんに対してジェハンじいさんの昔やっていたことを話すワンシーンがあります。「あのじいさん、若い頃軍隊に入ってたらしくてな。それでネロには一人前の仕事をさせたいと気にしてて…でなきゃ牛乳運びの仕事なんぞする人じゃない」と語っています。

ジェハンじいさんは、若い頃ミシェルの話によると軍人だということが判明しています。あの優しい人情味あふれるジェハンじいさんが昔軍人だったなんて何だか信じられません。

ジェハンじいさんの軍人時代だったことを詳しく紐解いてみると、ナポレオン戦争(1803年~1815年)が背景として浮き彫りになっています。こういった詳細はアニメでは一切触れてはいませんが、ジェハンじいさんは戦闘で受けた傷が原因で足が不自由となり、まともには歩けなかったということです。これは原作の内容です。

アニメではジェハンじいさんは普通に歩くことは出来、荷車を引いてアントワープまで約5~6キロの距離を毎日休むことなく、ネロと一緒に往復していました。

それに原作では、ジェハンじいさんは軍人を辞めた後大した定職につくことが出来なかった為、村人の親切心を受けて、牛乳運びの仕事を受け持つ運びとなったのです。もうこの時には両親を亡くしたネロがいましたので、どうしても孫を育てるためには老いた体を無理してでも働かなくてはなりません。

アニメ、原作共に共通してるのはジェハンじいさんは元々体が弱いことです。アニメでは心臓が弱くて発作を起こして倒れるシーンが後半ではよく見られました。ネロの夢を叶えるために無理を徹して野菜売り場の仕事をし、パネルを買う賃金を稼いでいました。

やはり貧しいジェハンじいさんは毎月の食費や家賃を払うのが精いっぱいの生活でしたので、画材用具などの高級品は手が届かず、それでも孫可愛さゆえに一生懸命働いてパネルを買って最後には病気が悪化し、亡くなってしまいました。

原作ではリューマチを患って亡くなっている、とのことです。でもジェハンじいさんは軍隊時代、医者の免許を持っており、ミシェルの捻挫の手当てをしたり、庭では自家製の薬草を在倍するなどなかなか器用な所があります。

なかなかジェハンじいさんは頭のいい人だということがよくわかりました。軍人を離れてから仕事に恵まれなかったジェハンじいさんにしてみれば、ネロにはせめて定職につかせてやりたい!その思いは誰よりも強かったでしょう。

フランダースの犬!パトラッシュに会う前のネロは幸福だった?

フランダースの犬の主人公・ネロは祖父のジェハンじいさんと幼いころから2人暮らしをしてきた心優しい貧しい少年です。ネロの両親は2歳の時亡くなり、それで母方の祖父ジェハンがネロを引き取ってアントワープから離れたブラッケン村に小さな家を借りて暮らすようになります。

でもネロは両親がいなくても、年齢の割にはしっかりしていて、毎日アントワープまで牛乳運びの仕事をするジェハンじいさんを助けます。

馬車で運べば楽に済みますが、貧しいネロとジェハンじいさんにはそんな余裕はなく、荷車で牛乳管4つを毎日休むことなく、アントワープまで徒歩で運んでいました。それで運んだ賃金を貰ってそれを生活費に充てていました。

祖父と2人暮らしであっても、ネロは絶対に人をうらやましがったり、憎んだりすることはありません。隣りのヌレットおばさんはネロの母親変わり、そして森の奥で木こりとして働くミシェルもまたネロを本当の息子の様にかわいがります。ですからネロは寂しいと思ったことは1度もありません。

アニメはパトラッシュとの出会いからストーリーは始まってますが、ところでネロはパトラッシュと出会う前は幸せだったのでしょうか?う~ん、やっぱり幸せだったのでしょうね。優しい祖父・ジェハンがいましたから。

心優しく、真面目な所もネロは祖父に似ています。幼いことから一生懸命働く祖父を見て、今度は自分が祖父を支えないと~とネロは考えるようになります。

牛乳運びの仕事は村人の親切でやらせてもらっている、とアニメの中でジェハンはネロに話してますがやはり学校へ行かせてやれないことがジェハンの最大の悩みでもありました。ですから自分のできる範囲でネロに読み書きを教えたり、最低限の行儀作法などは教えていました。

ですからネロはいつも朝早く牛乳運びの農業宅で「おはよう~おじさん!」と挨拶しています。あれはジェハンじいさんの孫を上手に育てた証です。

ある意味パトラッシュとの出会う前のネロは貧しくても幸福な生活を送っていたと言えますね。隣りのヌレットおばさんは何かとネロの世話を焼いてくれますし、アヒルのクロもネロのいい遊び相手です。

でも結局アヒルのクロはパトラッシュが現れてからはネロより、パトラッシュを友達に選びました。(笑)

アニメの中でジェハンじいさんが病の床に伏した時に、ネロの小さいころの回想シーンが出てきます。その時のジェハンじいさんの顔の表情はとても優しく、孫のネロを優しく見守りながら牛乳運びの仕事をして、育ててきた一面がうかがえます。

ですからネロは両親の愛情は受けられなかったものの、祖父の愛情をたっぷり受けて育ってきたので、貧しくても幸せだったのです。決して不幸ではなかったと言えます。

それに祖父の優しさをネロはちゃんと受け継いでいます。おじいさんと孫の絆はちゃんと描かれています。

それに木こりのミシェルの仕事を手伝ったり、病気のヌレットおばさんの看病をするなど、本当にネロは周囲の手助けもよくしています。

そういった充実した生活の中で、ネロはパトラッシュと出会ったのでしょうか。金物屋に酷使されていたパトラッシュを心配するなど、本当に心の優しさが伝わってきました。

パトラッシュが加わって生活するようになってから、何だかネロやジェハンじいさんの状態が変わりつつあるのを感じました。

それは意地悪な大家ハンスと、アロアの父・コゼツの態度です。2人はとにかく貧しいネロを嫌っており、パトラッシュを飼うなんてよっぽど景気がいいのか~と嫌味を言いました。